1. Top
  2. プレス加工

プレス加工PRESS WORKING

プレス加工を知る

プレス機械に金型を取り付け、金型の上部(上型)と下部(下型)の間に素材を挟み、プレス機械によって強い圧力を加えることで、素材を成形(塑性加工)させることをプレス加工と呼んでいます。
主な加工の種類は「抜き(せん断)」「穴あけ」「曲げ」「絞り」などがあります。
中島製作所ではプレス加工で使用する金型の設計・製作も社内で対応することが出来ます。

プレス加工とは?

クッキーの型抜きと同じ!?

レス加工とは? (イメージ)

プレスとは圧力をかけるということ。
つまりプレス加工とは圧力をかけて金属材料を加工する方法です。
クッキーの型抜きや穴あけパンチを思い浮かべれば、プレス加工の仕組みがなんとなくイメージできるでしょう。
厳密には、対となった工具の間に素材を挟み、そこに強い力=圧力を加えることで、素材を工具の形に成形(塑性加工)することを指します。
一般には対となった工具のことを金型と言い、加圧する機械のことをプレス機と呼んでいます。

プレス加工のメリット

プレス加工のメリット(イメージ)

圧力をかけて型抜きするように必要な製品を次々とつくり出せるのがプレス加工。
それだけに、ある程度単純な形状なら、他の加工方法と比べ生産効率が高くなるといったメリットがあります。
そのほかにも材料の歩留まりがよい(不良品の発生率が小さい)、「軽い」「薄い」「小さい」製品づくりに適しているといった点もプレス加工ならでは。
反面、あまり複雑な形状には対応できない、設備が大がかりになる、作業に熟練が必要といったデメリットも。

プレス加工の種類

プレス加工の種類(イメージ)

「板金加工~抜く~」でご紹介した「せん断加工」や「穴あけ加工」、「板金加工~曲げる」でご紹介した「曲げ加工」もじつは、プレス加工の一種。
せん断加工はハサミで紙を切るように力を水平に加えて、材料を加工する方法。穴あけ加工は棒状の型とドーナツ状の型に材料を挟んで圧力をかけて加工する方法でした。
曲げ加工もNCプレスブレーキと呼ばれる機械で力を加え、所定の形状にする加工法です。
いずれも圧力をかけるという点では“プレス”加工と言えるでしょう。
これらのほかにもう一つ「絞り加工」と呼ばれるものがあります。
型で材料を挟んで圧力をかけるところまでは同じですが、最後まで打ち抜かずに“くぼみ”をつくる加工法です。
一枚の金属薄板から円筒や角筒、円すいなど、さまざまな形状の底付容器をつくることができ、しかも成形された製品につなぎ目が生じないのが最大の特徴です。
じつは、プレス加工のなかでもっとも難度の高いのがこの絞り加工で、歪みや割れなどのない製品をつくるには金型・機械・材料・技術などの条件が整っていなければなりません。

プレス加工の安全対策について

プレス加工の安全対策について(イメージ)

プレス機は大型で、しかも数百~千トンにも達する圧力を発生するだけに現場の作業者はつねに事故のリスクにさらされています。
プレス加工を行ううえで、安全を確保する取り組みが何より重視されるのはそのため。
事故は人為的なミスや機械の故障などが原因で発生します。
生産現場では、両者が抱えるリスクを十分に検討したうえで安全対策を徹底することが求められます。
従業員第一、安全第一を旨とする中島製作所は、フールプルーフ、フェールセーフという観点からあらゆるリスクを想定し、安全対策を講じています。

お知らせ
イベント
NEWS・EVENT

PAGE TOP