1. Top
  2. 板金加工~曲げる~

板金加工~曲げる~ SHEET METAL PROCESSING

“曲げる”板金加工を知る

“抜き”工程で得られた板材の多くは“曲げ”工程へ移行します。
プレスブレーキと呼ばれる機械にそれぞれの形状に応じた金型を取り付けて板材などを折り曲げる加工です。
中島製作所では、CAD図面からNCデータを作成して迅速に加工作業にかかれる最新のNCプレスブレーキを使用している為、小ロット生産でも迅速な対応が可能です。
又、曲げ加工はNCプレスブレーキであっても職人の技や勘に頼るところが依然として多いと言われていますが、長年の経験を積んだ“曲げのプロ”がいる中島製作所では、人と機械が融合した理想の加工環境が整っていると言えます。

中島製作所の板金加工~曲げる~の工程について

曲げ加工

曲げ加工(イメージ)

板金加工のなかでも、曲げ加工はもっとも高い技術を要求されるものの一つ。
なぜなら金属材料は曲げると外側は引っ張られる方向に、内側は圧縮する方向に力が加わるため、伸び縮みによる歪みが生じるからです。
鋼板などを折り曲げ、V字形、U字形、L字形などの断面形状につくる、アール形状にするといった加工が主体ですが、中島製作所では精度を担保するために、NCプレスブレーキを使用します。
数値制御の利くNC装置に板厚、曲げ角度、曲げ寸法を入力して加工を行うと、材料の歪みを想定した高精度な製品が得られます。

NCプレスブレーキによる作業

NCプレスブレーキによる作業(イメージ)

前述のNCプレスブレーキの利点は、CAD図面からNCデータを作成して迅速に加工作業にかかれる点。
その間の時間的ロスがほとんどないため小ロット生産でも迅速な対応が可能で短納期化も図れます。
なお、作業工程ですが、まず、プレスブレーキの下型に材料を乗せ、可動式のバックゲージに突き当てて曲げ位置を固定します。
次にプレスブレーキの上型を下降させて、下型の上に乗った材料に押し当て、その圧力で材料を曲げていきますが、材料は下型の形状に沿って変形することになります。

曲げのプロの存在

曲げのプロの存在(イメージ)

最新のNCプレスブレーキを活用した曲げ加工ですが、自動化では図ることのできない技術的領域もまた存在します。
たとえば、板厚と曲げ角(アール)の組み合わせを考えたり、曲げの加減などを想定したりといった作業については、職人の技や勘に頼るところが依然として多いのも確か。
その点、長年の経験を積んだ“曲げのプロ”がいる中島製作所では、人と機械が融合した理想の加工環境が整っていると言えるでしょう。

中島製作所の技術力案内

その2:治具について

治具について(イメージ)

金属加工や機械加工、組立加工を行ううえで必要不可欠な道具が「冶具(じぐ)」と呼ばれるもの。
工作物を固定すると同時に、切削工具などの制御、案内をするガイド装置と呼んでもよいでしょう。
この冶具の出来不出来で作業効率が大きく影響を受けるため、その選択には慎重さが必要です。
しかし、中島製作所のように、自社の生産設備や環境、工程に合わせてオリジナルの冶具を開発できる企業であれば、加工作業も大幅に効率化できます。

なお、冶具には、製作物の寸法や品質をチェックする検査冶具や測定冶具があるほか、溶接に特化した固定用の溶接冶具などが知られています。

お知らせ
イベント
NEWS・EVENT

PAGE TOP